悩みの源

悩みごとを違う角度からみてみるとなんだ、こんなことか?と思えます。考え方を変えて行くお手伝いをします。

苦手なこと



職場での話。


かれこれ3か月近く前になる。


健保から被扶養者の調査表が該当者に届いた。
所属する部署の社員の奥様で働きだした方がいた。


私はもともと健保の事務職員をしていたから
それじゃ、奥さんの被扶養者資格は喪失しないとね、
と言って書類を送った。


必要書類に記入し、新しい保険証のコピーと今持っている当健保の保険証の返却もお願いした。
奥様の新しい健康保険は協会健保だった。


協会健保とは独自の健保組合がない場所で働いている人の為の都道府県ごとに置かれた健保だ。
で、新しい保険証を貰って当健保の保険証を回収されたという。
本来そんなことはないので思わず聞きなおしてしまった。


が、社員は奥さんからそう聞いたというので、信じるしかない。
無くしてないのに、なくしたという届けを出すなんて納得いかないという社員の気持ちはわかる。
私だって自分が嘘をついていると思われるのは嫌だもの。
書きたくないのではなくて、自分の話すことを嘘だと思われるのが嫌なのだ。


そこで届出書類とともにその話を人事部へ話に行った。


で、そのまま健保へ人事担当者が書類を持って行ったのだが、健保担当者は保険証が無いので滅失届をだせという。


しかし本人は無くした訳ではないので、回収した担当事務所の電話と内容を社内メールで書いてきた。


会社側としては届出書類を出して終わりだが、健保にとっては保険証の回収が義務づけられている。
なので、無いなら滅失届を出せと言ってくる。


水掛け論のあいだに入ったところで、私は解決できない。


滅失じゃないから(届を出すのは簡単だが)
なんだか違うという
社員の言い分はもっともなので、
保険者(ほけんじゃ)判断(つまりうちの健保が決める)してくれればと思って、
電話を直接健保から回収した協会健保にかけて貰うことにした。
(健保も自分で確認して納得しないとならないから)




社員の立場になれば、自分のせいではない訳だからそんな用紙書きたくない。
でも健保は決まりだから書類を残したい。


健保も人事も適当に保険証を無くしたということにして欲しい


のだろう。


で、人事もこの度そう言ってきた。
(なんと、健保担当者は、
書類不備という理由で被扶養者異動届を人事担当者につき返したらしい。
そして担当者はその書類を3か月近く自らの机に眠らせておいたという!)


人事部や健保の考えは安易だが違うと私は思う。


だから私はあいだに入らないよ、と言った(もともと言っていた)。


健保がことの顛末を書類に残せばいいことで、
それだけでダメなら内容が分かるように社員に書いてもらう書式を作成して
渡せばいいじゃないかと思う。


回収義務があるのは健保のほうなのに、
嫌なことは事業場の担当だからと人事部に押し付けるというのが気に入らない。


自分でしろ、レアケースなら。
自分で書類作成の手間を惜しむな。
そう健保担当者に言いたくなる。


そして健保担当者自体が、自分で返却したことを忘れている。
信じられない。自分でやったペンディング作業。


新しい保険証は既にコピーで確認しているんだから、
その書類は再び自分の元に戻って来て
喪失処理しなければならないものなのに
目の前から消えたら存在を忘れる!!
(社員の奥さんが健保の扶養を抜けているのは新しい保険証のコピーで取得日まで確認できているのだから)


私が一番嫌いなことをやっている。


人に押し付けて後は知らん顔。
判断する場所なのに他人任せ。


一番考えないとならないのは社員のこと。


判断する立場が
相手のことを考えて仕事をしていない。




受ける方も会社側の仕事ではないと突っぱねるだけの知識があればいいが
新人だからいいようにされている。
そして本人はなぜ上司にそれを話さなかったか
なぞだ。


3か月放置したあと、人事担当者は
社員にことを丸く収める為に
滅失届を書いてくれと言ったのかもしれない。
社員だからいう事を聞いたかもしれない。
だけどこの社員の立場にたってものを考えれば
おかしい話だし怒りたくなる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。