しあわせのシグナル

もっと素敵な明日の為のエッセンス書いてます。リーディングによる不思議な話も書きます。

他人のためになることをするってどんなこと?



人のためになることをしろと言われる。


近頃意味がわかってきた気がする。


誰かのためにすることは、自分が良く見られたいからでは、勿論ない。


自分が出来ることで相手が喜ぶことをすると言うのは、こうしたら相手はきっと喜ぶだろうと相手の立場にたってすること。


そして自分が気持ち良く出来ることをすることなんだと思う。


自分が無理をして相手の幸せだからとやってあげることを、相手のためとは言わない。

(無理をした自分は幸せでいられるか?

自分が幸せでないとき、他者を幸せには出来ない。)


自分が代わりにやってしまえば

相手は楽できたーと喜ぶかもしれない。

だけど無理してやったあなたが倒れたなら、同じ気持ちで立たせてくれるまで相手は頑張ってくれるだろうか?


頑張ってくれなかったとき、あなたは相手のことをどう思うだろうか?


こんな人だと思わなかった、と言うのは勝手な自分の期待でしかない。


自分がしたと同じことを相手に望むのはエゴでしかない。


相手のためになることをするのは、相手にしたことで、相手が喜べばその幸せはこちらにも伝わってくるからだ。


私たちが他者にたいしてできることなんて大したことではない。


それでも少しでも出来ることを見つけたら、大したことでなくても行動してみよう。


そういうことが普通にできるようになると、あなたのために何かしてあげたいと思う人が集まってくる。


だから、気持ち良く出来ることをしよう。


人のために気持ち良くしたことが、相手に喜ばれる、そういうことが沢山出来る人って、つまり魅力的な人なんだと思います。



例えばこの記事をいいと思えば、どこかでリツイートして貰えたら私は嬉しい。\(^-^)/




自分一人で納得せず、誰かに教える、共有する。


例えば誰かを応援することのひとつってこんなこと。


私はそう思っている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。