悩みの源

悩みごとを違う角度からみてみるとなんだ、こんなことか?と思えます。考え方を変えて行くお手伝いをします。

息子の赤点



息子からLINEが入りました。


中間試験の数学が追試だという。


どれどれ……。


41点と12点。………まぁ。


………………。派手にやりましたね。流石にみたことがないので送ってきたのでしょう。


log5x+log5x(x-4)=1


……私には分からない問題なので教えて差し上げることも出来ません。


試験前、机で解いていたのは数学と英語だけだったんだが
やり方に問題があったのかねー?


といってみる。


とりあえず先生のところに行って


僕は何から始めたらいいのでしょうか?


と聞いたという。


大変素晴らしい!


……つい誉めてしまった。


とにかく計算間違えしてるから問題をやるしかないだろう


と言われたらしい。


もっともです。やったけど足りなかったので数字に出ていた、と、いうことで


ガチにやるわ


とLINEにまた入った。


えっと、試験前はガチでなかったのか?


全力投球しろよ。と思うが、人のことは言えない。私もサボるからなぁ。


古典はノー勉(強)で、94点だったわ


と言う。いいのよー。やらないで。母も授業で国語はイケたから。


今までは学校の宿題してれば平均以上とれてたけど、プラスアルファしないと数学無理だと気づいたかなぁ。



まぁ、この点数取ったらこれより下はなかなか出ないだろう。
あとは延びるしかないのでどのくらい伸ばすつもりなのかなぁ?


と言ってみる。


おう!平均低くて、友達が
やべー。再試だ。こんな点数とってしまったー。
っていうから俺の点数みせて安心させてる。これ、最強に低いよ!!


本気で言ってんのか?変なポジティブさは持たんでいいんだが、
自分で反省して、行動を考えていくしかないので見守るしかない。


今月は三者面談であった。


話題作ったわー。


と本人が笑う。


二者面談に変えてくれない?お母さん欠席で。


と、笑うと


ないわー


と言う。


本来は親と教師の二者面談。だが三者にも変えられるので前回誘ってみた。


三人で話さないかと。


そのときは嫌だと言っていたが、今回はあっさりといいよと言う。


勉強について長男のように言わなくてもいいのだと(言わなくても自分で反省するから)思っているのが通じたらしい。


この点数なので、来年、理系にするか文系にするか悩んでいるらしい。



やらないといった時点で諦めることになる。


自分は何を一番やりたいか考えて答えを出してほしいと伝える。


こんな点数でも理系をまだ諦めてはいない様子。


ならやるしかないだろう。頑張ってくれるんだろうか?


これもまた見守るしかない。


子供の悩み、それは親の行動が深く関わっていると感じています。
起きている事実より、もっと違う所からアプローチしていくことで子供の行動や考え方が変わってこないか?と思われる方、一度私と話してみませんか。


視点の変わるきっかけ見つかるかもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。