悩みの源

悩みごとを違う角度からみてみるとなんだ、こんなことか?と思えます。考え方を変えて行くお手伝いをします。

自立できる人になる方法です

本日は習っているリーディングの実践生の相談日でした。


私の習っているリーディングというものは、まだまだ知られていません。
しかし、このおかげで私は自分の精神の軸がしっかりしたと思っています。


考え方も周りに流されず依存もしない方向に変わってきました。


リーディングは依存したいという人には向きません。


だからと言って敷居は高い訳ではないです。


真実を知りたいと思う人、精神を鍛えたい人そう思う人しか続かないと思っています。


そういう人に興味を持って貰いたいと願いながら、私はブログを書いています。


変わりたいと思いながら変われないで、もがいている方の為に書いています。


かつての自分の様に、どうしていいのか分からない人に向けて書いています。


最初は私はマイナス思考で、依存傾向にありました。
周囲に振り回されていました。


でも変われました。
リーディングは精神力を鍛えます。そしてその維持と向上のバロメーターになります。



もし興味を持たれたら、何か疑問に思うことを訊ねて貰えたら嬉しいです。


無料でリーディングを体験して貰えればと思います。


もしも、日々が苦しい、辛いと感じているならぜひ一度リーディングの世界に触れて見て下さい。
相談でも質問でもなんでもいいです。
リーディングを通して語られる真実を知ってください。



私に出来ること、日々仕事をしていてさして時間が割けない私には今こうしてブログを書くことが精いっぱいです。見付けて貰いたいと想いながら書いています。


もしあなたが声を掛けてくれればもっと話をしたいと思いながら、まだ会わぬあなたに向けて書いています。


実践というのはリーディングをマスターしたものが実際にリーディングを使い講師をしたり、リーディングによるカウンセリングをするために出来たコースです。


リーディングのカウンセリングは占いとは違います。
言葉では上手くいえません。ぜひ一度体験してください。



セックスレスの夫婦の別れない理由をリーディング


11/3にリーディンググループレッスンの講師役をしました。
その時リクエストをされた課題と解釈です。


ダビンチニュースという本の紹介をしているサイトがあるそうです。
その中でセックスレス夫婦の不満を面白く描いた漫画が紹介されて話題になっているという話が出ました。


色々な理由で結婚後性交渉が無くなった夫婦というものは存在しますけれど、今回は不満をいいながらも別れない理由をリーディングで聞いてみようとなりました。


個人的なものなのでもちろんひとつひとつ事例は違うのですが、今回は一般的にどういうことなのか?ということをビジョンがどうみせるのかみてみました。


共依存ではないか?という話も出ましたが、私のビジョンは以下の通りでした。


セックスレスの夫婦のビジョン
xのマーク(紐の様にみえます)。ふたりの繋がり状態なのだと思いました。
繋がりが少ない。


セックスのある夫婦の状態
*のマーク(沢山の紐の様です)。アスタリスクのマークは繋がりが沢山ある状態なのだと思いました。


繋がりとはなんだろう?と考えると夫婦の関係性なのかと。
精神的にも肉体的にもつながっている方が関係性がいいのか。
それは当たり前なのかもなと思いながら、それでもXのマークは引っ張りあいながら均衡を保っていたのでこの状態がいいと感じました。


これでも居心地がいいのね。


つまり文句を言っても別れる理由までにならないと思っている。


私はここまででしたが、レッスンを受講して下さった方でやはり紐がみえていた方がいて、この紐を精神の紐と表現していました。
肉体の紐が切れても、精神の紐が切れない。
離婚する時はどんな時か?
この方はそこまでみました。それはこの精神の紐が切れる時だと言ってました。



その通りだなと聞いていて思いました。精神的な繋がりが永く伴侶であり続けるとき、何よりも強いものだと思い出させてくれたリーディングでした。


また来週も講師役をやります。どんなものをリーディングでみることができるのかとても楽しみです。

なぜか気がつくと位牌が斜めに動く理由をリーディングしました

11/3にリーディンググループレッスンの講師役をしました。
その時リクエストをされた課題と解釈です。


家の仏壇に置いている位牌のひとつがななめになる理由は?


リクエスト頂いた方の実家とご自宅に置いてあるいくつかある位牌の中のひとつだけが気がつくと斜めになっているといいます。
そんなにひんぱんなことではないけれど何か理由があるのだろうか?


ということでリーディングしました。


私のビジョン。


まず位牌が動かない時をリーディング。


逆Y字がみえます。その形から「三次元」にある状態を指しているのだと思いました。


次に位牌が動く時。


逆Y字の真ん中、\/|←棒?の三点のつなぎ目に斜めに線が入ります。
「異次元」から力が加わったのだな、と思います。
なるほど、だから斜めに傾くんだと思いました(倒れない)。


魂になると肉体を離れるので違う次元にいきますが、死んだ瞬間は自分が死んだことを確認しているのではないかとはすな先生はいいます。
で、もう一度この中(肉体)に戻ろうかな?と思うかといえば、しんどいだろうなと思うから死ぬのであって、まだ生きたいならもう一度肉体に戻るのではないかといいます。
奇跡的に一命をとりとめる人がいるのはそれ。


だから異次元に行った魂がもとに戻りたいと位牌を動かすとは思えないのですが、何かしらいいたいことがあるのかもしれません。
それは必ず同じ名前の位牌だからです(今回の件)。


そのあたりは名前を聞かないので今回はやっていません。


他の回でのリーディングもまた記事にしたいと思います。