しあわせのシグナル

もっと素敵な明日の為のエッセンス書いてます。リーディングによる不思議な話も書きます。

ロス期が来てます‼から悩みの解決について

今の気分は今昔物語の平中だな。


まぁ、変な趣味があるわけではない。
嫌いになりたくて香木かじる訳ではない(何が言いたいの?か気になる方は今昔物語か芥川の「好色」でも検索くだされ)


たばかったな、と狂うわけにはいきませんが、寝てもされてもドラマに思いを馳せる。


この現象。私だけではありません。
Twitterにはごまんといる…、と思ってます。




なんというか、ドラマ終了したのに抜けきれない。


色々とキャラクターのセリフのないところでの気持ちを考えさせられたドラマなのでの、見ていながら思いいれが強すぎたのだと思う。


いち視聴者がこれだけ見いるということは、演者はもっと凄い集中力で役柄になりきってるんだろうな。(って書きながら主演の田中圭はそれほど作り込んでいないらしい。どちらかと言えば、周囲から引き出して貰って演じた様子。いつも演技が自然なのはそういうこと?吉田鋼太郎は田中圭の演技を大変評価している。そして林遣都にたいしても、静かな佇まいができて、その真逆なこともできるというようなことも言っており、役者として評価している。最初から見直すと分かるが、だんだんとキャラクターが出来上がっていっているように思う。ということはやっぱり同じメンバーで作ったら次はもっと面白いものになるのじゃないだろうか⁉)



まぁ。幸せな終わりで幕をとじて、急遽Blu-ray、DVD化、公式フォトブック、LINEスタンプとグッズ作成にかかったテレ朝。


夜の枠の番組は面白いと前から思ってたけど。



近頃、マンガや小説原作作品が多い中、原作がないから最後はどうなるかわからないところがよかったです。


うっかり我慢できなくてググっても先は知らないわけだから。


テレビ番組の載っている週刊紙に予告はかかれているものの、やはり決定的な映像を想像するのは難しい。


そして、今回のドラマにハマった私たち視聴者は、製作されたもの以上に創造力を働かせる。


これはひとえに原作がないからこそなのだと思う。


人間は創造力の塊だなぁと思い、想像だけでかなりこころのあり方が変わる。


これはよいことも悪いこともだと思う。


ということは、自分はどちらの傾向にあるかと考える指針にもなる。


私は自分が傷つかないために保険をかけたような想像をするタイプだ。


本当はどんなことが来ても大丈夫。ありのままを受け入れられる、というのが何よりも素晴らしいのだけど。


全く想像の上を行く現実に直面したとき、ツラいことだとへこむことがある。
だけどへこんでいてもなにも変わらない。


予防線を張って「やっぱりな」となったとする。


やっぱりは100%満足じゃないよね、悔いが残るよね。


ならば後悔しないほうがいい。


さて、どうやって悔いなく過ごせるのかその考え方が重要。


できれば楽しめたなら最高。
悩みの原因は変わらない。
変わりたいなら自分を変えろ、だ。
悩んでいる人の何が悩みから遠くならないかと言えば、他力だからだと思っている。
誰かに頼ろうとすると自分の思うようにならないとまた辛くなる。
辛くしているのは自分自身でしかない。
悩みたくないと本気で思うなら、大変だと思っていても行動しないとならない。
嫌なことから逃げて、助けてというのは全くもって自己中心的な考え方だ。


そうは言ってもね、あなたに私の辛さなんてわからないでしょ⁉
というかもしれない。
じゃあ、あなたには私が辛いことがなくて生きていると思うのか⁉というところです。


みんなそれぞれ悩みは抱えている。
けどそれにどう取り組んで行くかいかないかの違いなのだと思う。


その場所に行くのが嫌なら、その場所に行く目的をひとつもつ。なんでもいい楽しいと思えること、嬉しいと思えること、ほんのすこしでいいから作る。
そして実際行ってみて、嫌だと思うことをやってみると案外とできたりする。それは自分の自信になる。
そしてその場所が大丈夫になる。


いきなりハードルを高くする必要はない。
少しづつ前に進んでいけばいい。
そして積み重ねていくことが大切。



私は職場の人間関係が嫌(もちろん全部ではない)。
でも言った所で変わらない。変わらないからこちらが変わる。
嫌いな人には丁寧に話しかける。本当は話かけたくなくともそうもいかないのであえて丁寧に話しかける。


それを繰り返していたら、少し風当たりが弱まってきたようだ。(気のせいか?)
仲よくする必要はないけど、丁寧に接して相手の口調が恥ずかしいなと思わせるようにする。


こうして経験を積んで自分の感情で動いてはならないことも学んでこられた。
言えば倍になり返ってくることから、我慢して自分に対する不条理にも耐えてきたが、それは言わないと相手に通じないよ、と先輩に言われ、言うことにした。
そしたら、課長が私に丁寧に教えてくれるようになった。


先輩のいう通りだと思った。
これからは自分に対しておかしいなと思うことは後からでも言おうと思うようになった。
これもひとつ、経験できた結果だ。

美しい泣き顔


最終回、みましたでしょうか?
私がずっと押していた「おっさんずラブ」、いい終り方してました。


牧役の林遣都のクランクアップのカットです。
最後の一番幸せそうなところで役者をクランクアップさせるなんて、製作者側はこの絵をも狙っていたんでしょうか。


あぁ、こちらも幸せ頂けて嬉しい限り。
この数時間後の田中圭のクランクアップでこの現場は終わった様子。


でもね、この作品で初共演したおふたりはとても仲良くなって、その翌日もまたその翌日も一緒にお芝居観にいってるんです。
まぁ、吉田鋼太郎の芝居観るのはそりゃそうなんだけど、(田中圭は草彅剛とも舞台一緒にやったから観にいっているのでしょうが)剛の舞台も観ている。


本当に仲よし。田中圭は林遣都がかわいいというし、林遣都も田中圭が大好きになったからこの作品をこんな良いものに仕上げられたのでしょう。
だからこそ、ふたりのほほえましいシーン、牧と春田の別れのシーンはリアリティがあったんだと思います。


最終回、始まった頃の春田は相変わらず流されっぱなしで、部長に気がつかせて貰えるようにしないとそのままの勢いで行く雰囲気でした。
ほんと、ばか。ばかで憎めないので、部長はやっぱりはるたんが大好き。そうしてこの一年がとても良い思い出になったのだなぁと。


その分牧はとても切ない一年間を過ごしたのでしょう。
本音をずっと隠して仕事をしているのはどんなにか辛かったろうと思われるけど、ばかな春田は気がつかないで、ふたりで引き継ぎにまわるという。
この時間になんか言ってやれって思うんだけど、どちらも何も言わないのがドラマだなぁと思った訳です。
リアルならどっちかがなんか言うだろうに。これで最後なんだから。
まぁ、ここ切ない牧を映すシーンだからそれで終わりなんでしょうが。


ちずと牧のシーンも良かった。


春田を好きで、この二人が同性同士ならライバルになったろうと思われるけど、ふたりが異性だったからか、どこかお互いを励ましあっている、そんなことがありありと表現されていて、ここでやっと牧は本音を。
言える相手は部長に破れた元ライバルしかいないのかもしれない。
元カレの武川にさえ強がっていわない、それが牧凌太。


「つれぇ…」
絞り出すようにいう牧の声。
ちずは内心、牧を応援する立場になっているから後悔しないで欲しいという。
元々の別れの引き金になってしまった訳だから、ここすっきりしとかないと自分も先に進めないしね。
この後押しでまだ好きだと伝えようとしたのに、春田は待ち合わせの途中アクシデントに巻き込まれ、しかもスマートフォンをデスクに忘れる。待ち合わせ時間に当然間に合わない。


しかし、ばかなのか春田?やはり?
牧のスマホの番号分からないなら、会社に電話して聞けよ。
まだ、誰かいるだろうよ。
牧の番号、マロあたり知ってないのか?あんだけ仲良い職場なのに。なんなら武川さんでもいい。あぁ、まいまいが休みの日に掛けてきたんだから絶対しってるっつーの!!
そして病院から電話かけろ!


しかしドラマはリアルではないので、そこはすれ違いの展開。
あぁ、少女漫画!!


そう、このドラマは少女漫画の世界を3次元でやってのける。
他のBL(ボーイズラブ)もそんな作品があるが、圧倒的に俳優陣がキャラを作り込んでいて演技が上手いから違和感がない。
本当にこの瞬間、春田創一や牧凌太がどこかで営業していそうだと思わせる。


そんな訳で、牧は再度の告白も出来ぬまま失恋したと思い込む。


部長と春田の披露宴の日は長期休暇でセンチメンタルジャーニーの予定となる。


ばかな春田はどうやらその日の披露宴の出席者を知らない設定。
ありえない。
でもここでやっと自分が誰のことが好きなのか気がつく。
部長の凄いところは、もうその辺も分かっていてあえて結婚式する、ということ。


でも楽しかったというからこれもいいのかもね。


部長に「ごめんなさい、ごめんなさい」と泣きながら謝る春田。
ほんとうに小学生か、君は!!


とにかく牧と会えるのだが、ここから私たち牧をずっと見守って来た視聴者は拍手喝采なのだ。
春田から牧を迎えに行ってくれてずっと一緒にいたいと言ってくれる。
春田はこれまでずっと受け身でいたから、牧には自分が本当に春田にとって必要とされているか不安で仕方がなかった。
これ以上傷つきたくて逃げてしまった。


あるよね、自分が相手を想いすぎて相手が自分をどのくらい好きでいてくれるのかそれが不安で苦しくなる気持ち。それは恋。遥か昔のことを思い出しながら見守る私。


春田から言われたことで、やっと自分のこころを解放することが出来た瞬間。
出た言葉が
「ただいま」
だったのが秀逸。しっかり抱き合う姿は7回を通して初めて。
これは応援していた視聴者が一緒に喜ぶでしょう。
この時の林遣都の美しさは見事だ。
この連ドラでの泣き顔の中で嬉しくて泣く顔はこれが最初で最後だった。
またこの人の指、手は本当に美しい。しっかり春田の背中を掴むその手の過程がまたいい。



それから最後は幸せなふたりのシーンで終わるが終わらせ方も憎い。
視聴者が待ち望んだところでエンド。


最初のクランクアップはその直後。


林遣都くん、代表作のひとつになりましたね。(もちろんみなにもですが、私は一貫して林遣都押しだから)

一年後の意味は…

クランクアップの表情。牧凌太から遠くなってしまった……。




いや、ヤバい。


日々Twitterを検索する手が止まらない。


何か?


今日で終わる「おっさんずラブ」のタグである。


昨日に引き続きこの話か❗ということだが沼にはまったので仕方がない。


沼ってなんだろうって思ってたが何もかもそれに関連づけて考えるってことなんだな。


浸かっちゃったら最初はもがくけど上がってこられないの分かったから今では気がすむまでどっぷり浸かることにする。


といってここでお付き合いしていただくのも悪いんだが書きたくてしょうがない。
書かずにはいられないのだ。


クランクアップしたとき、林遣都はこのドラマへの思い入れから、ちょっと泣いてしまったらしい。それでさらにこちらは感動してしまう。


やりきった感のあるいい顔をしている。
でももうそこには牧凌太の顔はないと思ったら少し寂しくなった。


林遣都自身もそう思ったのではないかと。



さて、今日の最終回は一年後から始まる。


登場人物たちの誰の中も1年の年月が流れている訳でそれぞれがどう過ごしてきたか、だ。


まいまいとてっぺい兄は付き合い出したろうか⁉


予告で出てきたマロはもう色ベストを着る新人ではない。
髪型も大人っぽくなってかっこよくなっている。
空前の蝶子ブームはまだ去らないのか蝶子さんの側にいることで彼の精神も少しずつ変わっているのだろか?


蝶子さんはまだ部長を思っているのだろうか⁉
男前の蝶子さんはもっと高い位置から部長の幸せを願っているのだろうか⁉
負けをあっさりと認めたことで戦意喪失した、蝶子さん。


負けを認めきれなくて、諦めきらなくて告白したちずちゃんとは人生経験が違うから器がでかい。


ちずちゃんはあの調子だとやっぱり春田に断られたのかと思われる。


牧がいなかったらあるいは恋人同士になったかも知れない。


だけど、牧が出ていこうとした時点で帰宅したちずちゃんに出ていかれ、追わなかったり言い訳もしなかった春田。
もともと言い訳なんかしないところが春田創一のいいところだ。
(最初の頃、モデルルームの場所を印刷したチラシが届いたが、春田のミスによって行き先の地図が違っていたときも、言い訳一つせず黙っていた春田だったし)


牧への思いの強さが伝わるシーンなんだけど、問題は牧自身が春田が選んだのが自分で本当にいいのだろうか⁉ということをどうしても認められなかったから別れを切り出す。


愛情ってなんだろう、と考えたとき、最愛の人が泣く姿だけは見たくない。


いつも笑ってい欲しい。


そんなことだと思う。(少なくとも春田はそう願っていたと思う)


本当は誰といれば自然とそうなっていたか、今までの回で春田も牧も表現していたのに、常に自分の幸せが相手も同じように幸せなんだろうかと疑い続けてしまった牧。


苦しくなっている自分自身によって終わらせてしまった恋。


牧の予告での「ふざっけんじゃねーよー」は視聴者が言いたいセリフだ。


牧自身は誰に向けて言ったのだろうか⁉


春田は周囲のアタックに流されてここまで来た。
だけど、そろそろ誰といたら自分が一番幸せを実感できるのか気がついて欲しい。


それを気がつかせるキーマンは武川主任ではないだろうか⁉


牧とも春田とも長い付き合いの武川は牧同様周囲への洞察力と気配りが出来る男に思われる。


牧への気持ちが消えてないのでこれも切ないのだが、ミカンゼリーを持っていったあの時点で自分への想いがないことを嫌と言うほど知らされたのではないだろうか⁉
去っていく武川を見送る牧の顔がまた切ない。


このままこの人の背中を追いかけて声をかければきっと今の切ない苦しさからは逃れられるのだろう。
牧は体調を壊してこころも脆くなっていただろう。
武川なら自分を受け容れてくれるということも分かっている。
それでもまだこの時、牧は楽な方向に行こうとはしていなかった。
武川との過去は最後にどうだったか、ということを覚えているからかもしれない。


だから牧は、きっと春田家を出ても武川のところには世話にはならなかったろう。


この番組、前にやったこと繰り返してるのは部長→春田→牧ぐらいなものである。(この→は方向。「から」と言葉にしてもいい)


それ以外は二度はしない。
そこまでこんがらがってはさすがに7回ではすまないはす。


部長だけは天使のようにはるたんに一途なのだ。


この部長が諦めるのだとしたら相当の説得力がないとならない。


なのでの一年間なのではなかろうか⁉


一年後、自分とのはるたんとの先を夢みて告白する部長に対して同じ未来を描けた春田だろうか⁉


果たしてふたりは手に手をとって周囲が届かないふたりだけの国(上海)に行ってしまうのか⁉


ここで「ふざけんじゃねーよー」とのたまうチワワに登場願いたいとワタクシ切実に願ってます。


待ってますby武蔵、的な感じ。



しかしこのドラマ、二度同じイベントするのは牧チューくらいだから、ここは春田さんがきっとこの間のちずちゃんにハグするように牧にハグしてくれないとな、と思う。


部長へのハグだったらどうしよう、だけど。


結局春田は誰も選べないで終わってしまうのかと考えてもみたが、それでは彼の精神的な成長は見られないし、続編を考えられる終わり方はしていない様子だからきっちりとした最終回が待つのだと期待している。


主人公春田が最後に選ぶのは誰なのか?


今夜は待ち遠しくて「ふるえちゃった(by武蔵)」になるだろうな。