悩みの源

悩みがない人なんていない!!でも悩まない方法ってわからないから悩むんです。その悩みの源考えていきましょう!

「仕事①」現在の状況(問題の相手)

私と上司は同期です。
入社当時は同じ立場でも、私の頃は全国職と地方職と別れておりました。


私達女子社員は腰掛OLと思って入社するのが大半で、結婚か出産を機に職場を退職するのがほとんど当たり前の世の中でした。


そんな訳で、私も16人ほど入社した同期女性は今やひとりも存在せず。
みな、霧の彼方に…(なんてことはないんですけどね。おばちゃんになってもみんなで集う「同期会」ってのをやってくれる神的な人がいるので、繋がりはなんとなくある訳です)


さて、私はすっかり忘れているけれど、この現在上司になっている同期に、


昔何か気に障ることを言ったのだな、


と思うのは、


(私も同期も2年間今の職場で働いているのですが、)
同期は、ずっと地方に飛ばされていたのでこの職場になるより前で最後に話したのは25年も昔の話だったのではないかと思います。
覚えてないよね、普通.なに言ったかなんて。



でも傷付いた方ってずーと、覚えているものなんです。(あーやだ、って思うけどそれは私の見方)
本人だってそんなこと言いませんよ。そんなこと言ったら、ケツの穴のちいせぇヤツって思われちゃいますもんね。


でも、私の部署の私がリスペクトする再雇用の女性がいいます。


あなただけに特別ひどい言い方するのって、何か昔あったんじゃない?


……。うーん、昔からウザかったけど何があったか覚えてないし。
(いやマジで、まったく覚えちゃいないけど。きっと何かしたんだろうなぁと、振り返れば若い頃の私は毒舌でした。きっと深ーく傷つけたのでしょう。いきなり懺悔風)


彼のウザさは私個人的な感情でなく、周囲みんなが同じ風に感じているし、他の同期の間でも、彼が結婚したと聞いた時は


えー、本当に適齢期の女性なの?
とか、


何か(相手の女性が)弱みを握られてたんじゃないの?


とか言われていたのです。
まぁ、そういわれるような態度を他者にとっているから、ただ


良かったね、おめでとう!


ではなく
周囲から一言言われてしまうのですが。


余計なことを言われるけど他者に好かれようと思う気持ちが強いので、限りなく


「かまってちゃん上司」


大人じゃないのですよ、感情ががっつり入ってしまう。


だから周囲も相手をするのに大変です。(こんな悪口かいている私の方が大人げないといわれそうですが、御許しを)


私の評価を低くしているので、私は昨年の定期報酬はゼロでした。


私達のような万年平社員は、これ以上ランクアップはしないので、本来は決まったピッチ数上がるのですが、あげない。しかも頑張るべき理由をフィードバックしないので、なんだか分からずの一年でした。


私は何度も、評価の仕方が一方的なことを人事部に話そうかと思いましたが、そうやって周りと上手くやらないという風にとられると私にも問題があると受け取られかねない。


なので、ぐっとがまんの一年でした。
その間に変わってくれればいいなと。


もちろん一年そこで働いていたので、二年目には仕事もそれだけ覚えているわけで、要領もだんだんつかめてきたのだし、一年前と同じだということはないだろうなぁと思っていたのです。


でもまぁ対応は変わらない訳ですよ、人間そんなに簡単に変わらないのです。


それは、相手だけでなく自分のこともです。
その辺について次回の記事へ…。


(つづく)

こいつ、どんなやつ?

私の名前は鶴木マキです。
もちろん、本名ではありません。


ごく普通のOLをしてごく普通に結婚しごく普通の奥さんになり、子供を持ちごく普通の母になり、出産のたびに社内の職場を変わり、仕事内容も変わりしながら気がつけば30年経っていました。


特別人望がある訳でもなく、特別なコネがある訳でもなく(笑)、特別な仕事のスキルがある訳でもなく、ふつーにしていたらここまで来ました。


職場全体がのんびりしていていいんでしょ、って思う方もいるでしょう。


いいえ、そーゆー、昭和チックな腰掛OL的な雰囲気はずっと昔、まだ結婚するころの時代までの話で、今のわが社は生き残るため合併をし、親会社から役員を呼び寄せ、法に触れないような肩たたきをしながら(おっと!)生き残る世知辛ーい会社です。


かく言う私も今の職場に来て3年目に突入します。


上司は私の同期のためか、昔言った一言が気に入らず30年覚えているのか、私の評価は非常に低いままです。(まあ、求めるほど出来てないのでしょう、仕事)


そうは言ってもその中でクサクサしていても体調を壊すだけ。


評価があがらないのは誰のせい?
まずは一番新しいこの今現在の話を、私を知ってもらうことに致しましょう!

思い立ったが吉日


今日からこちらに私が直面してきた悩みや、目撃してきた悩みの数々をつらつらと書き綴りたいと思います。


なぜ、この場所か。そうそれはここは「にほんブログ村」。
今も書いている他のブログは記事の度に貼り付けないとならない。
つまりめんどくさがりの私には忘れてアップばかりなので、めんどくさく無い方を選択した訳です。


今他にもやってるブログもあるの!?って読んだ人が気になるような記事をここで書いていきたいなぁと思ってます。


まずは私のことをボチボチと書いていきます。悩みの解決は頭のなかでそれが悩みだと思わなくなればいい訳で、本当はとてもシンプルで分かりやすいはずなんです。
でもその単純な考え方にならないのも自分の頭の中なんです。


つまり脳内会議で決定されることが私たちの人生の選択を決めている。


ならばいい選択をしていきたいですよね♪